偏光イメージセンサーの構造と原理

偏光イメージセンサーの基本構造

偏光子フィルタ集積素子をCCD前面に配置した構成

 

偏光イメージセンサーの仕組みと測定原理

隣接4画素の比較、演算により偏光情報を計測

[入射偏光と出力パターン]

[演算方法の概略 ]
4画素の比較をすると、45度刻みではなく、
あらゆる角度の 偏光方位を算出することができる。


偏光子 透過軸角度


偏光状態に対応した市松模様


各点の複屈折情報(主軸方位と大きさ)が同時にデータ化される。

 

レンズの測定例


位相差分布


位相差の主軸方向分布


円周方向の位相差分布グラフ

次のページへ続きます

偏光計測装置の基本構成と測定例

カテゴリ

  • #複屈折・応力ひずみ計測ソリューション
  • #2次元複屈折評価システム
  • #複屈折計測装置

関連製品

関連導入事例