カーボンフリー社会に貢献する温室効果ガス可視化技術

二酸化炭素/窒素イメージング、超高感度化、分光特性に合わせたシステム設計

 カーボンニュートラル社会に向けて、CO2の高精度検出、可視化技術のニーズはますます高まっていてます。しかし、一般的なCO2検出センサーは基本的に点計測且つ瞬間的な評価には向かないことから、CO2ガスの発生や漏れ・吸収の評価には使いにくい問題があります。
 こうした課題を解決できる技術として、検出ガスの分光特性に特化して独自に構築した赤外イメージング装置を提案しています。通常の赤外線カメラでは感度が不足しがちな用途でも、高い感度でCO2検出が可能になりました。更に、ガス種に応じた波長フィルターの選定と、波長フィルター自体をセンサに組み込んだ独自技術により、高い感度と高速性を実現したイメージング評価が可能になっています。当社では各種ハイエンド赤外カメラデモ機も用意しており、実際の環境においてデモを行いながあ有効な評価方法のご提案や評価、有償測定や受託計測サービスを提供しています。

様々な装置内部の有害ガス検知、ガス漏れ検知、各種材料によるCO2吸収や放出、ガス濃度変化の可視化、計測にご利用できます。

アプリケーション事例
  • 燃焼時におけるガス可視化
  • 農業における二酸化炭素循環評価
  • 呼気の可視化
  • 高機能材料から発生するガスの可視化

カテゴリ

  • #温室効果ガス検知・計測ソリューション
  • #赤外線ハイスピードカメラ
  • #CO2

関連製品

X6981 SLS / X6901sc SLS

極めて高速で高感度の長波長赤外線(LWIR)カメラで、科学者や研究者、技術者向けに設計されています。ひずみ層超格子(SLS)検出器により、短いスナップショット速度や広い温度帯に対応し、既存の長波長赤外線(LWIR)または中波長赤外線(MWIR)カメラよりも優れた均一性をもたらします。

MORE

X8581

高感度で高速、高解像度の中波長赤外線(MWIR)カメラで、科学者や研究者、技術者向けに設計されています。オンカメラRAM/SSDへの録画機能から電動4ポジションフィルターホイールに至るまで、研究や科学用途に必要なすべての機能を備えています。

MORE

A6751

短い露光時間とウィンドウモードでの高速フレームレートを実現しているため、高速の熱イベントや動きの速い対象物の記録に最適な選択肢となっています。冷却型のアンチモン化インジウム(InSb)検出器を搭載したこのカメラでは、移動する対象物の動きを止めて正確な温度計測を行い、さまざまな非破壊検査を行うことができます。

MORE

A6701

電子機器の検査、製造工程の監視、非破壊検査など向けに設計されたこのカメラは、高速の熱イベントや動きの速い対象物の撮影に最適です。露光時間が短いため、対象の動きを止めて正確な温度計測をうことができます。

MORE

関連導入事例