赤外線ハイスピードカメラ

X8581

高感度で高速、高解像度の中波長赤外線(MWIR)カメラで、科学者や研究者、技術者向けに設計されています。オンカメラRAM/SSDへの録画機能から電動4ポジションフィルターホイールに至るまで、研究や科学用途に必要なすべての機能を備えています。さらに、X8500scではHD解像度と高速のフレームレートを組み合わせることで、研究者は研究所でも試験場でも、その場所の全体を撮影して高速イベントのストップモーションを作成できます。

スペック
波長感度
  • 中赤外MWIR 3.0 ~ 5.0μm
検知センサ
  • InSb, 12 μm pitch
アプリケーション
  • 高感度・高速な温度解析、溶接・切削、エンジン設計、回転体温度
画素数
  • 1,280 x 1,024
撮影速度
  • 最大画素:180 fps @ 1,280 x 1,024 pixel
    最高速度:6,500 fps @ 64 x 4 pixel
常温撮影時の露光時間
  • 要問合せ
温度分解能
  • < 0.030℃
計測可能温度
  • Standard:-20 ~ 350 ℃
    Optional:最大 3,000 ℃ まで
センサ冷却方式
  • Sterling cooler( -190 ℃ or below)
Available Lenses
  • 専用レンズ、接写リング対応 17/25/50/100/200mm(マクロ観察)、
    対物1倍 / 3倍(微細観察)

カタログダウンロード

赤外ハイスピードカメラ

ダウンロード

カテゴリ

  • #高速度熱伝播イメージングソリューション
  • #温室効果ガス検知・計測ソリューション
  • #赤外線ハイスピードカメラ
  • #赤外線ハイスピードカメラ

関連製品

関連ソリューション

関連導入事例