近赤外(NIR)2次元複屈折評価システム

PA/WPA-NIRシリーズ

PA-300-NIR

WPA-200-NIR

PA-300-NIRは測定波長に近赤外帯域の850nmを使用することで、肉眼では不透過の材料でも複屈折/位相差の分布を高速に500万画素の高解像度で測定する装置です。
カルコゲナイドレンズなど近赤外波長を透過する測定対象に向いています。

WPA-200-NIRは測定波長に近赤外帯域の3波長を使用することで、近赤外波長を透過する測定対象の複屈折を測定することができます。
LiDAR車載部品の歪み測定などに向いています。

カルコゲナイドレンズの測定事例

カルコゲナイドレンズ(可視光は透過しないため黒に見えます)

レンズ内の歪みを位相差として測定することが出来ました。

LiDARレーザースキャナ用カバーの測定事例

LiDARレーザースキャナ用カバー(CG画像)

射出成形の際、金型内で樹脂の合流部分が線状の跡となり発生するウェルドラインが計測されました。

更にこれを位相差のリアルタイム表示にすると、樹脂内部の歪みの分布を部品を動かしながら確認することもできます。

PA-300-NIR スペック
  • 測定
出力項目
  • 位相差(nm),位相軸方位(°) ※データ処理オプションにより応力値換算可能(Mpa)
測定範囲
  • 0~213nm
繰返し再現性
  • σ<1.0nm
  • センサユニット
複屈折画素数
  • 2056 × 2464(≒500万)pixels
測定波長
  • 850nm
  • 筐体
寸法
(W x D x H)
  • 270 × 337 × 最大631mm
測定視野サイズ
  • 約30 × 36mm~約100 × 133mm(標準レンズ)
    約5.5 × 6.6mm~約25 × 30mm(ズームレンズ※オプション)
本体重量
  • 約12kg
  • その他
インターフェース
  • GigE(カメラ信号)
電源/消費電流
  • AC100~240V(50/60Hz) / ~6.0A
ソフトウェア
  • PA-View
付属品
  • ノートパソコン、標準レンズ、取扱説明書
  • オプション
ズームレンズ
  • 対応
データ処理
  • 対応
広視野補正
  • 対応
レンズ解析
  • 対応
レンズ測定専用ステージ
  • 対応
リアルタイム解析
  • 対応
CDモード
  • 非対応
高位相差
  • 非対応
外部制御
  • 対応
WPA-200-NIR スペック
  • 測定
出力項目
  • 位相差(nm),位相軸方位(°) ※データ処理オプションにより応力値換算可能(Mpa)
測定範囲
  • 0~3500nm(水晶にて評価した場合)
繰返し再現性
  • σ<1.0nm
  • センサユニット
複屈折画素数
  • 384 × 288(≒11万)pixels
測定波長
  • 810nm, 850nm, 880nm
  • 筐体
寸法
(W x D x H)
  • 270 × 337 × 最大631mm
測定視野サイズ
  • 約27 × 36mm ~ 約100 × 133mm (標準レンズ)
    約3.0 × 4.0mm ~ 約14.2 × 19.0mm (ズームレンズ ※オプション)
本体重量
  • 約13kg
  • その他
インターフェース
  • GigE(カメラ信号)
電源/消費電流
  • AC100~240V(50/60Hz) / ~5.0A
ソフトウェア
  • WPA-View
付属品
  • ノートパソコン、標準レンズ、取扱説明書
  • オプション
ズームレンズ
  • 対応
データ処理
  • 対応
広視野補正
  • 対応
レンズ解析
  • 対応
レンズ測定専用ステージ
  • 対応
リアルタイム解析
  • 対応
CDモード
  • 対応
高位相差
  • 非対応
外部制御
  • 対応

カタログダウンロード

2次元複屈折評価システム PA/WPAシリーズ(日本語版)

ダウンロード

カテゴリ

  • #複屈折・応力ひずみ計測ソリューション
  • #2次元複屈折評価システム
  • #レンズ
  • #LiDAR
  • #可視化

関連製品

関連ソリューション

関連導入事例