赤外線ハイスピードカメラ

A6701

電子機器の検査、製造工程の監視、非破壊検査など向けに設計されたこのカメラは、高速の熱イベントや動きの速い対象物の撮影に最適です。
露光時間が短いため、対象の動きを止めて正確な温度計測をうことができます。
実際、カメラの画像出力設定を変更すれば、フレームレートを1秒当たり480フレームまで高め、さらに高速の熱イベントの特徴も正確に把捉できるようになるため、試験中に重要なデータを見落とす恐れはありません。

スペック
波長感度
  • 中赤外MWIR 3.0 ~ 5.0μm
検知センサ
  • InGaAs, 15 μm pitch
アプリケーション
  • 高感度・高速な温度解析、溶接・切削、エンジン設計、回転体温度
画素数
  • 640 x 512
撮影速度
  • 最大画素:60 fps @ 640 x 512 pixel
    最高速度:480 fps @ 160 x 128 pixel
常温撮影時の露光時間
  • Approx. 2.5 ms
温度分解能
  • < 0.020℃
計測可能温度
  • Standard:-20 ~ 350 ℃
    Optional:最大 3,000 ℃ まで
センサ冷却方式
  • Sterling cooler( -190 ℃ or below)
対応レンズ
  • 専用レンズ、接写リング対応 17/25/50/100/200mm(マクロ観察)、
    対物1倍 / 3倍(微細観察)

カタログ/会社案内ダウンロード

カテゴリ

  • #高速度熱伝播イメージングソリューション
  • #温室効果ガス検知・計測ソリューション
  • #赤外線ハイスピードカメラ
  • #赤外線ハイスピードカメラ

関連製品

X6981 SLS / X6901sc SLS

極めて高速で高感度の長波長赤外線(LWIR)カメラで、科学者や研究者、技術者向けに設計されています。ひずみ層超格子(SLS)検出器により、短いスナップショット速度や広い温度帯に対応し、既存の長波長赤外線(LWIR)または中波長赤外線(MWIR)カメラよりも優れた均一性をもたらします。

MORE

A6751

短い露光時間とウィンドウモードでの高速フレームレートを実現しているため、高速の熱イベントや動きの速い対象物の記録に最適な選択肢となっています。冷却型のアンチモン化インジウム(InSb)検出器を搭載したこのカメラでは、移動する対象物の動きを止めて正確な温度計測を行い、さまざまな非破壊検査を行うことができます。

MORE

X6981 / X6901 / X6901sc

極めて高速で高感度の中波長赤外線(MWIR)カメラで、科学者や研究者、技術者向けに設計されています。このカメラは、先進のトリガー機能やオンカメラRAM/SSDへの録画機能、電動4ポジションフィルターホイールなどを備えているため、研究室でも試験場でも高速イベントのストップモーション機能を提供します。

MORE

A6261

卓越した感度とダイナミックレンジを、カスタマイズされたウィンドウウィング機能と積分時間の柔軟性と合わせて提供します。
このInGaAsカメラは0.9~1.7 µmの検出波長帯で高い線形を示すので、高温での赤外線測定や標準ガラスによる測定が必要な用途に最適なツールです。

MORE

関連ソリューション

関連導入事例