接着剤や希薄液体の可視化

赤外線カメラによる「塗りムラ」「水分ムラ」 の可視化

コーティングや接着剤などの「透明材料の厚みムラや乾燥状態」は、従来の点測定では検査が難しい、あるいは検査手法自体が存在しない項目の一つです。従って、多くの場合では感覚的な条件設定により工程管理がされています。しかし、塗布工程での塗りムラや不均一性が製品として問題となり、急速にクレームまで発展するといったケースが増えてきています。このような背景を受けて、我々は「塗りムラを可視化できる」新しい測定技術を確立しました。

私たちは、材料ごとの波長特性を調査し、各材料に適した光学系を構築することで、各材料に対する最適な可視化装置をご提案することが可能です。

測定実績のある事例

  • 包装フィルム内部・表面の水分量 : μm オーダーで定量的な評価が可能
  • 高機能ガラスコーティングの塗りムラ : 350Hz以上の速度でムラを可視化
  • 接着剤厚みの二次元測定 : 厚さ0、3.0、9.0 μm のサンプルを判別 etc.

装置導入までの流れ

  1. 測定対象のヒアリング
  2. 光学特性の測定・調査
  3. 光学系の構築・検証
  4. 設備への設置・導入

 

関連製品

A6751

短い露光時間とウィンドウモードでの高速フレームレートを実現しているため、高速の熱イベントや動きの速い対象物の記録に最適な選択肢となっています。冷却型のアンチモン化インジウム(InSb)検出器を搭載したこのカメラでは、移動する対象物の動きを止めて正確な温度計測を行い、さまざまな非破壊検査を行うことができます。

MORE

A8581

FLIR A8581 MWIRサーモグラフィカメラは、産業、軍事、製造業の研究開発用途向けにクラス最高の鮮明な画像、正確な温度測定、効率化された解析機能をもたらします。130万ピクセルの検出器で高解像度の赤外線画像を生成します。

MORE

X8581

高感度で高速、高解像度の中波長赤外線(MWIR)カメラで、科学者や研究者、技術者向けに設計されています。オンカメラRAM/SSDへの録画機能から電動4ポジションフィルターホイールに至るまで、研究や科学用途に必要なすべての機能を備えています。

MORE

X6981 / X6901 / X6901sc

極めて高速で高感度の中波長赤外線(MWIR)カメラで、科学者や研究者、技術者向けに設計されています。このカメラは、先進のトリガー機能やオンカメラRAM/SSDへの録画機能、電動4ポジションフィルターホイールなどを備えているため、研究室でも試験場でも高速イベントのストップモーション機能を提供します。

MORE

カテゴリ

  • #高速度熱伝播イメージングソリューション
  • #赤外線ハイスピードカメラ
  • #赤外線ハイスピードカメラ

関連ソリューション