We at
Photonic Lattice
Rebirth in 2022

「光にこだわり、ローカルからグローバルへ」
フォトニックラティスは2022年生まれ変わります。

「光にこだわり、
ローカルからグローバルへ」

フォトニックラティスは
2022年生まれ変わります。

わたしたちフォトニックラティスは2022年4月1日より親会社であるフォトロンの光学計測事業を合併し、「光」のもつ可能性を更に追求していくことで、皆様のお困りごとや、光情報化社会に貢献する企業へとステップアップしてまいります。
また、2022年7月には創業20周年を迎えます。
WEBサイトを今まで以上にパワーアップし、皆さまにわかりやすく情報をお届けするとともに、双方向に交流出来るようなコンテンツづくりを予定しています。

“最高の光学コンテンツを最高の品質とともに”

オンリーワンの光学ソリューションで世界中の皆さまへ貢献できる様、誠実な精神とパッションをもって進んでまいりますので、引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。

HISTORY

「光にこだわる会社」としてのマインド形成および研究開発の軌跡を
フォトニック結晶の起源から20周年までを振り返りながらお伝えします。

フォトニック結晶の起源

「フォトニック結晶」という言葉は屈折率の周期構造体を意味しますが、その言葉が使われ始めたのは意外に新しく、1987年にアメリカの物理学者のE. Yablonovitchの論文がきっかけと言われています。当初は完全な光閉じ込めによる高密度光集積回路、高効率レーザなどが理論的に提案されましたが、どうやって作るか?が大きな課題であり、その簡便な実現方法が求められていました。また、光情報化社会が発展していく中で、この未知の可能性を含む技術は原石として輝きを放ち、技術者達を魅了していくことになっていきました。

1997

東北大学電気通信研究所川上研究室にて当社のコア技術である「自己クローニング法によるフォトニック結晶作製技術」の発明

2002

  • 東北大学 NiCHeで事業をスタート
  • あおばインキュベーションスクエア

株式会社フォトニックラティス設立

東北大学NICHe内で活動開始、その後自社用拠点へ移転

2003

フォトニック型偏光素子の製品開発・販売開始

フォトニック結晶は、偏光特性の局所的な特性を正確に制御することができ、従来の偏光素子とは異なり様々なアプリケーションに特化して素子を自在に設計・製造することが容易です。ビームの偏光分布を変換する素子や微細領域ごとに光に異なる位相差を与える分割波長板など、レーザ技術からバイオ観察や光通信までの広い応用範囲に向けて様々な偏光素子の商品化を開始しました。

2006

偏光カメラ PI-100 をリリース

世の中で数少ない「『偏光』が見えるカメラ」、フォトニック結晶を使ったものとして世界初。

2007

複屈折測定機 PA-100 をリリース

当時常識的であった点計測型装置に対し、数秒で数万点の計測値を一括取得できることが喜ばれ、樹脂成型品の残留応力の評価等、複屈折計測をの新たなアプリケーションを後押ししました。膜厚計等の偏光計測を使った別の評価装置も模索しリリースしました。

2008

複屈折測定機 WPA-100 をリリース

PAシリーズの測定上限を大幅に向上させ、当時の常識を覆す製品で愛用され続けてきています。その後継機種や「高位相差オプション」の特化した機能を継続的に提供することで複屈折計測市場の様々なニーズを満たすのに努力してきました。

2009

フォトロン社との共同開発開始

偏光高速度イメージセンサの開発に成功し、世界初の偏光高速度カメラをリリースしました。
材料力学分野における応力解析や、音響分野における音の可視化など、従来可視化できなかった現象の解明に貢献することができました。

2010

高速マッピング膜厚計/エリプソメータ ME-110 のリリース

ME-110とその後継機種群で偏光計測を半導体やディスプレイ市場へ展開し、 シリコンウェーハ上のレジスト膜や透明基板上の有機材料塗布膜の高解像度で素早い全面評価を提供。その後、ローダシステムとの組み合わせ等で市場へのさらなる浸透を成し遂げました。

2011

  • 建屋全壊
  • 移転先のICRビル

東日本大震災にて被災

建屋全壊したものの、設備の大半は破壊から免れ、おかげ様で新拠点で活動を素早く再開することができました。

初の売上高2億円達成

2011

初の売上高2億円達成

2012

ISO9001認証取得
製造業としての基礎を固める

2012

ISO9001認証取得
製造業としての基礎を固める

2013

装置売上100台達成

2013

装置売上100台達成

2014

米国にて光通信用素子の製造・販売開始

デジタルコーヒレント型通信向け素子や波長多重用WSS向け素子等、米国を中心展開しはじめました。その後販売先は東アジアへ拡大され、光通信を使った基幹システムの構築に貢献してきました。

2015

光学フィルム業界においてKAMAKIRIが導入開始

フラットディスプレイ向け光学フィルムの全面検査ニーズを受け、世界初の全長全幅偏光検査装置KAMAKIRIの本格導入が開始されました。従来の官能検査課題を解決する自動検査技術を推進しています。

2017

ISO 14001 証取得

自然環境へ配慮した上での社会貢献をさらに意識

装置売上300台達成

2019

売上高4億円達成

海外向け売上高が国内向けを初めて上回る

2019

売上高4億円達成

海外向け売上高が国内向けを初めて上回る

2020

フォトニック結晶素子の売上が1億円を突破

米国や東アジアにおける光通信市場が順調に伸びる他、レーザ加工や半導体検査用素子等新たなアプリケーションを展開し始めています。

装置売上400台達成

装置売上400台達成

2021

フォトロングループに入る

さらなる協業をともに歩み始める。
欧米展開および新たなサービス開発を目指した活動を開始。

2021

IMAGICA GROUPの連結子会社へ

2021

フォトロングループに入る

さらなる協業をともに歩み始める。
欧米展開および新たなサービス開発を目指した活動を開始。

IMAGICA GROUPの連結子会社へ

2022.4

Photonic lattice

ロゴマークの一新 
フォトロンから事業移管および統合

引き続き独自の光学技術および共創共生によって更なる価値創造を行い、ローカル(仙台)からグローバル(世界)にサービスをお届けしてまいります。
今回のフォトロンの光学計測事業統合により、光学素子の設計製造から保守販売まで一気通貫でのサービス体制を構築し、様々な顧客の「光」利用ニーズに柔軟かつ迅速に応えることが可能となります。また、フォトロンとの連携を高めることで、従来の国内およびアジアに加え、欧米へのサービス展開を新たに開始することが可能となります。

2022.720THANNIVERSARY

「最高の光学コンテンツを最高の品質とともに」

私たちは光にこだわる会社として、これからもオンリーワンの光学ソリュ―ションを、誠実な精神とパッション、そして共創共生によって実現し、世界中のお客様の期待を上回る付加価値と品質のサービスを提供する企業であり続けることをお約束します。

Inheritance Product

2022年4月15日より株式会社フォトロンから
継承した製品をご紹介いたします。

偏光イメージング措置 CRYSTA

CRYSTA

CRYSTAは透明材料の「内部応力」と「配向構造」を可視化できる世界最高速の偏光高速度カメラです。バイオ、ミリタリー、航空宇宙など様々な分野において物理量や物性の測定、および可視化を実現します。

KAMAKIRI インライン/オフライン 複屈折マッピング

KAMAKIRI

KAMAKIRIは極短時間で面内の複屈折を高度に検査、記録することができるインライン/オフライン複屈折マッピング計測装置です。光学フィルムメーカやガラス・レンズ成型メーカに多数採用されております。

赤外線ハイスピードカメラ Infrared high-speed camera

赤外線ハイスピードカメラ

世界最高クラスの高速・高感度性能を誇る赤外線ハイスピードカメラをもとにした“研究開発向け”の赤外計測システムです。高速温度測定、CO2ガスの可視化、溶接の温度解析など、新しいアプリケーションをご提案致します。

偏光高速度デジタル干渉計

偏光高速度デジタル干渉計

独自の干渉光学系「 CRYSTA Phase Optics 」、システム制御ソフト「 CRYSTA Phase Viewer 」、そして干渉縞の位相解析ソフト「 CRYSTA Phase Analysis 」を開発。干渉計測の対象を動的現象に広げることを可能にしました。

CONTACT

お問い合わせは以下のボタンよりお願いいたします。