製品 | 2020年8月31日

レンズや成形品の内部歪みや残留応力の検証に

多くの時間がかかっていませんか?

内部歪みや残留応力の測定作業をもっと効率化できないか、お悩みではありませんか?

直交ニコル観察法では観察に技術や経験が必要だったり、

位相差を点計測する装置をご使用の場合、1点1点の測定作業にかなり時間が必要ではないでしょうか?

内部歪み、残留応力の検証時間を大幅に効率化し、業務の効率化を実現します。

当社の複屈折評価システム「PAシリーズ」「WPAシリーズ」を使うことで

測定作業時間は大幅に短縮されます。

その理由は、当社の独自技術「フォトニック結晶」を組み込んだ偏光イメージセンサーが

全面での一括測定を可能にするからです。

WPA-200
WPA-200

測定がどれほど簡単、高速なのかは、こちらのデモ動画からご確認ください。

数十秒で測定が完了するスピードを体感していただけます。

国内外への豊富な導入実績

すでに350台以上(2020年3月時点)を国内外のお客様に導入し活用していただいております。

最近では東アジアのレンズメーカーや、国内では透明な樹脂成形品、

LiDAR用途などの赤外用レンズや成形品の用途に使用されています。

技術・測定原理について   

当社の装置は試料が持つ複屈折を位相差(リタデーション)の値で評価します。

測定原理などの技術的な情報はこちらのページにてご紹介しております。

論より証拠。Webデモでその結果を体感できます。

複屈折、偏光、位相差に関する当社の技術や、装置の原理の理解をご理解いただきたいのはもちろんですが

まずはその性能を体感していただく方が早いかもしれません。

当社ではWebを使った遠隔デモで装置、ソフトのご紹介の仕組みを準備しています。

下記のお問合せフォームへのリンクをクリックしていただき、

お問合せ内容欄に「Webデモ希望」とご記入して送信してください。

メールでデモ日の調整をさせていただき、確定した日時で

Microsoft Teamsのweb会議urlを送付いたします。

※Microsoft Teamsについてはこちらからご確認ください。

お問い合わせ