オプション | 2020年8月31日

WPAの大きな測定レンジを更に拡大。

これまで計測できなかった位相差が計測可能に。

当社の複屈折評価システムシリーズ「PAシリーズ」「WPAシリーズ」の最大測定位相差は

それぞれ約130nm(PAシリーズ)と約3,500nm(WPAシリーズ)です。

当社装置の使用用途で多い、レンズやガラス、フィルムは、このいずれかの測定範囲内で測定可能な場合が多いですが、

一部のフィルムや成形品などでは、これの測定範囲を超える場合があり、それらを計測したいとのお客様の声がありました。

その計測ニーズに対応したオプションがこの「WPA高位相差オプション」です。

専用ハードウェアを組み合わせ、大幅な性能アップ

「WPA高位相差オプション」は単なるソフトウェアオプションではありません。

高位相差測定を実現するために、ソフトウェアのほかに専用波長フィルタ、専用レンズを

組み合わせたオプションです。

この組み合わせが最大測定レンジ約10,000nm※を実現しています。

※水晶板を測定した場合

サンプル測定で、測定可能かご確認いただけます。

この「WPA高位相差オプション」にご興味がある場合は、まずはサンプル測定をご要望ください。

サンプル測定により、測定対象物が測定可能かどうかを当社にて計測し結果をレポートさせていただきます。

下記のお問合せフォームへのリンクをクリックしていただき、

お問合せ内容欄に「サンプル測定希望」とご記入して送信してください。

測定対象物の送付等のついて、ご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ