偏光高速度デジタル干渉計

従来干渉計は静的な対象物が主な対象でしたが、非破壊・非接触計測や可視化技術ニーズの増加を踏まえ、世界唯一の超高速位相シフトカメラCRYSTAシリーズを軸に、独自の干渉光学系「CRYSTA Phase Optics」、システム制御ソフト「CRYSTA Phase Viewer」、そして干渉縞の位相解析ソフト「CRYSTA Phase Analysis」を開発。干渉計測の対象を動的現象に広げることを可能にしました。

スペック
モデル名
  • 偏光高速度デジタル干渉計
計測範囲
  • 40×40mm、80×80mm、160×160mm ※更なる拡張は要相談
位相接続計算
  • 有り(高速モード、高精度モード)
焦点位置
  • 固定
    ※被写体に合わせて変更は要相談
最大撮影距離
  • 標準7m
測定波長
  • 標準532nm
最大計測点数
  • 512×512pixels
最大計測点数撮影速度
  • 7,000fps
最高撮影速度
  • 1,550,000fps
最短露光時間
  • 369nsec  ※レーザ出力は要相談
カメラメモリ容量
  • 32GB
データ出力インタフェース
  • ギガビットイーサネット
トリガーモード
  • マニュアルトリガー(スタート、センター、エンドなど)
外部信号入力
  • 撮影トリガ(TTL/接点)、同期信号
ソフトウェア主要機能
  • ライブ再生/撮影速度設定/露光時間調整/トリガーモード設定
    画像読み込み、モノクロデータ再生、位相データ再生
    位相アンラップ、モノクロと位相のオーバーレイ、データ保存
底面積(W × H)
  • 600×450mm
    ※50mmφ標準タイプ、かつ被写体側のターゲットミラーを除く
装置重量
  • 20kg~
    ※計測範囲拡大時は重量変更あり
AC電源
  • 100V ~ 240V、50Hz ~ 60Hz、120W
DC電源
  • 22V ~ 32V、120VA
機器構成
  • ・偏光カメラ CRYSTA PIシリーズ
    ・干渉光学系 CRYSTA Phase Optics
    ・制御ソフト CRYSTA Phase Viewer
    ・解析ソフト CRYSTA Phase Analysis
    ※光学系を被写体に応じてアレンジ可能
    ※光学系部品の交換はユーザも可能

カタログダウンロード

偏光高速度デジタル干渉計

ダウンロード

カテゴリ

  • #偏光高速度デジタル干渉計
  • #音場

関連製品

関連導入事例